ガチスカ! ~ウイイレアプリ2020 最強監督研究所~

FP・レジェンド・監督・選手の能力比較やランキング・確定スカウト・昇格降格選手・最強選手の情報サイト

【FP能力比較】ポストプレイヤー最強はどっち? FPジェコとクライファートの能力比較

ジェコ クライファート

 

こんにちは! 

今回は、Twitterから生まれた記事なので、ノリノリなケッティ(@eFootballWeb)です。 

 

僕のFPローマクラブセレクションの結果は、以下でした。

ガチャ結果

①エディン ジェコ

②ロレンツォ ペッレグリーニ

③ブライアン クリスタンテ

ローマCSの一番の当たりはジェコ選手だと思われます。

今作はポストプレイヤーも使いやすくなってるみたいなので使用するのが楽しみです。

レジェンド クライファートとジェコのどちらかが、ポストプレイヤー最強だと思います。

Twitterでくりす(今期の嫁は天野陽菜ちゃん) (@D_D_assailant)さんからの報告によるとジェコの方がポジショニングがよく使用感がいいらしいです。

能力値を比較して、使用感の秘密を調べてみようと思います。

エディン ジェコvsパトリック クライファート能力比較

FP モナコCS(10/28) レジェンド
黒エディン ジェコ 黒パトリッククライファート
193cm 33歳 右足 188cm 25歳 右足
国籍
ボスニア・ヘルツェゴビナ オランダ
所属チーム
ローマ 未所属
ポジション適正
LWG
CF
RWG
LWG
CF
RWG
ST ST
LMF
OMF
RMF
LMF
OMF
RMF
CMF CMF
DMF DMF
LSB
CB
RSB
LSB
CB
RSB
GK GK
プレースタイル
ポストプレイヤー ポストプレイヤー
スキル
ヘッダー ルーレット
コントロールカーブ ヘッダー
ミドルシュート コントロールループ
ライジングシュート ミドルシュート
アクロバティックシュート 無回転シュート
ヒールトリック ライジングシュート
ワンタッチシュート アクロバティックシュート
ワンタッチパス ワンタッチシュート
マリーシア ワンタッチパス
  アウトスピンキック
ドリブル突破
           
グラウンダーパス
           星    
フライパス
           

レベマ能力比較 

  FP FP
  ジェコ クライ
レベル上限 22 31 -
総合値 94 93 +1
オフェンスセンス 95 84 +11
ボールコントロール 88 90 -2
ドリブル 83 83 0
ボールキープ 88 87 +1
グラウンダーパス 82 87 -5
フライパス 78 78 0
決定力 97 94 +3
プレースキック 67 80 -13
カーブ 75 74 +1
ヘディング 91 90 +1
ディフェンスセンス 54 67 -13
ボール奪取 60 64 -4
アグレッシブネス 70 77 -7
キック力 90 88 +2
スピード 79 82 -3
瞬発力 73 78 -5
ボディコントロール 87 68 +19
フィジカルコンタクト 92 96 -4
ジャンプ 76 92 -16
スタミナ 83 83 0
GKセンス 40 40 0
キャッチング 40 40 0
クリアリング 40 40 0
コラプシング 40 40 0
ディフレクティング 40 40 0
逆足頻度 4 3 +1
逆足精度 4 4 0
コンディション安定度 7 7 0

まとめ

2選手の違い7つのポイント!

【スキル】

クライファートは、ルーレット持ち

ジェコは、コントロールカーブ持ち

【能力値】

ジェコの方が、オフェンスセンスが11高い

ジェコの方が、ボディコントロールが19高い

クライファートの方が、ジャンプが16高い

【その他】

ジェコは、逆足頻度精度が4

クライファートは、選手長所グランダーパス★1

 

ふたりともスキルが優秀で、両足も使えて、シュート能力についてもそれほど違いはなく、使用感に一番影響を与えているのは、オフェンスセンスの差というところで間違いなさそうです。

ポストプレイヤーにとって、パスをフリーで受ける為の位置取りが重要なのは間違いなく、使用感に顕著に現れるのだと思います。

ポストプレイヤーは、クライファートのようにボディコントロールが低い選手が多いなか、ジェコはポストプレイヤーナンバー1の87で、一人外してのシュートという部分にも強みがあると思われます。

 FPミリクが最強だと思う人もいると思いますが、ワンタッチパスが無いことが、かなり痛いので、この二人で比較してみました。
 

Amazonのランキングに読みたい本がありました。

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる

SNS好きのエンジニアの僕としては、気になる一冊です。